【初投稿】yoogoo代表の熊谷です|日本の介護・福祉用具のために

自己紹介

はじめに

はじめまして、yoogoo代表の熊谷と申します。 今回は当サイト「介護用具.com」についてご紹介いたします。

当サイトを立ち上げた経緯や今後の活動についてお伝えいたします。

初投稿となりますので、お手柔らかに!

このサイトについて

 

何を、発信していくのか?

 

この度【介護用具・福祉用具に特化したサイト】を立ち上げます。

 

その名も

「 介護用具.com 」

価格.com、印刷比較.com など 有名サイトの名前をオマージュしました(笑)

 

介護をする方・受ける方に向けた介護用具に関する情報」や

介護事業所(特に福祉用具事業所)向けの経営に関する有益情報」

または

福祉用具専門相談員向けの求人紹介」など…

 

介護用具・福祉用具に関するあらゆる情報をまとめたポータルサイトを作ります。

 

なぜ、立ち上げたのか?

少しだけ、私熊谷の過去の話をさせてください。

 

今から10年ほど前、私が大学生のとき。

 

地元にいた祖母を亡くしました。

 

祖母は私が小さい頃から糖尿病を患っており、

亡くなる頃には合併症の腎不全、さらには認知症を発症していました。

 

明るく元気だった祖母の表情の変化に驚き、

家族のことを徐々に忘れていく状況に悲しみ、

これまでできていたことができなくなっていく自分を責める祖母の気持ちに同情する日々でした。

 

そんな経験をした私は、その頃から「医療」そして「介護」に関心を持つようになったのです。

 

人は皆、いつかこの世を去る宿命にあります。

 

現代の医学において、この世を生きる我々は皆平等に寿命の終わりがあるわけです。

 

その事実を、祖母の姿を目の前にしたときに知った私は…

 

「誰もが自分自身の人生を、悔いなく、心穏やかなままに締めくくれる世界」

 

そんな世界を実現することができれば、と願うようになりました。

 


 

今、日本は超高齢社会となりました。

 

超高齢社会とは、

 65歳以上の人口の割合が全人口の21%を占めている(を超えた)社会を指します。

「健康長寿ネット」より https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/tyojyu-shakai/nihon.html

 

すでに、日本の65歳以上人口は2020年時点で28.6%(全体の1/4以上)となっており、

2070年には38.7%まで増加すると予想されています。

参照:我が国の人口について(厚生労働省) https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_21481.html

つまり、これからの日本にはさらに高齢者の方々が増えていくということです。

しかし、その一方で、介護の担い手(生産年齢人口;15-64歳)はどんどん減っていきます。
※2020年で7,509万人 → 2070年で4,535万人(50年で2,974万人減少)となる見込みです

そのために、介護の受け手>介護の担い手といった構造から、あらゆる問題が生じるでしょう。

もうすでに下記のような問題が生じています。

・「老老介護高齢者が高齢者を介護する状況)」

・「ヤングケアラー家族の介護をする若者)の増加」

・「介護難民介護を受けられず取り残された状況)」

これら高齢化による問題は日に日に深刻さを増しています。

 

「このままでは日本がヤバい。日本の未来のためにできることはあるか?」

 

そう考えた、私なりの答えのひとつが「介護用具.com」の立ち上げでした。

まとめ

人手不足が深刻化する日本の介護現場にとって、

 

介護する人、そして、介護される人の助けになるのが「介護用具・福祉用具」です。

 

当サイトでは、そんなこれからの日本を支えるであろう介護用部・福祉用具に関する情報をまとめ、

 

誰もが介護用具・福祉用具を身近なものとして利用できる社会、

 

そして、日本の介護現場がより良くなる未来を実現することに貢献します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました